おかずみ事務所

任意売却

「任意売却」とは、第三者が買主を確保し、金融機関等と債務者との間に入って交渉を行い、競売手続きとは別に売却手続きをすすめていくことです。

一般的に、住宅等を購入するために金融機関等でローンを組むと、それに関係する不動産に抵当権等の担保権の設定を行います。

そして、事情により住宅ローンの返済が困難になったときには、金融機関はその担保権にもとづいて不動産を競売にかけ、その売却代金で貸したお金の回収を行います。

しかしながら、実際には競売の手続きは、売却されるまでに時間がかかり、その売却価格も市場価格を下回る場合がでてきます。

そこで、第三者が買主を確保し、金融機関等と債務者との間に入って交渉を行い、競売手続きとは別に売却手続きをすすめていくことがあります。これを任意売却といいます。

 

mushimegane.PNG 各当事者の話がまとまれば、競売手続きは取り下げられ、普通の売買手続きとあまり変わらない流れで完了します。


競売との違い

book2.jpg   競売入札の場合、買主にとっていろいろな不安要因があるため
あまり高い値段が提示されません。

そのため、一般的に競売よりも任意売却の方が、売却価格が高くなると言われています。

その結果、残債務は競売よりも任意売却の方が少なくなります


また、競売で物件が処分された場合、速やかに物件から退去しなければなりません。

任意売却の場合、誰が購入するか、自分はいつ移転先を探して契約をして、引越しをして、物件の引渡しをするのか、という一連のスケジュールが分かる上、引越に必要な代金を求めることも可能なため、競売に比べ優位な条件であるともいえます。

それに加えて債権者との残債の返済額及び、返済方法も明確になってくるという点も、競売との大きな違いです。

交渉に当たる第三者は不動産会社が多く、それも任意売却を専門に扱っているところが多く見られます。


   otoiawase bnr 3.PNG


 詳細ページ -Detail-

債務整理の基礎知識
  過払い請求
武富士の倒産と今後
  競売と任意売却
任意整理
  個人再生
自己破産
   

アクセスマップ

syosekisyoukai 1.PNG
いちばんやさしい
株式会社の議事録作成全集
 giziroku 1.jpg