おかずみ事務所

損害賠償と保険会社

book 3.gif  当事務所へご相談にいらっしゃるお客様(交通事故の被害者)は
 大体、事故相手の保険会社が掲示してきた損害賠償額の低さに
 驚かれる方が非常に多いのです。


しかし、一応保険会社側も筋の通ったような下記のような説明をしてくるのでなんとなく納得してしまうことも多いようです。

・あなたの方にも過失が認められるから、この損害賠償額が妥当
・過去の判例でも認められたことだから、裁判を起こしても何も
 変わらない。
・この程度のケガなら働けるので、休業損害を受けることはできない。

このように言われても、皆さんはそのまま従ってはいけません。

保険会社があなたに損害賠償額を提示する場合、「損害賠償額は基準に照らして算出しております」という言い方をよくします。

多くの被害者の方が「保険会社が言うのだから、間違いない」と思い込んでしまいます。

しかし、それはあくまでも保険会社が独自に定めた基準に過ぎません。
裁判所が定めた「本来支払われるべき損害賠償額」はしばしばそれよりも高いのです。そもそも、損害賠償の基準には3種類存在して、それぞれの目的に応じてうまく使い分けている状況です。

自賠責保険の基準 < 任意保険の基準 < 裁判の基準

の3つがあり、裁判の基準が最も高額になっています。

自賠責保険の基準

自賠責保険とは、自動車を所有する人であれば全員が加入しなければならない保険で、人身事故のみに適用されます。被害者の最低補償を目的とした保険ですので、この基準に従って損害額を算定すると、損害賠償額は相当低額になります。

任意保険の基準

任意保険は、加入義務がない保険で、人身事故だけでなく、物損事故にも適用されます。任意保険会社の基準による損害額は、自賠責保険の基準より高く設定されていますが、裁判所の基準よりは低額であることが一般的です。

裁判の基準

過去の交通事故に関する裁判の判例などを踏まえて、損害の内容ごとに基準が示されています。実はこの裁判の基準は、自賠責保険の基準や任意保険の基準より高額であることが一般的です。

保険会社から示談で提示される保険金(賠償金)は、①②を基準にしていますので、裁判所の基準より低額になっていることが多いのです。

このように交通事故に関する知識がないと本来受けられるはずの損害賠償金が低く抑えられてしまいますので、司法書士や弁護士に相談する必要があります。


   otoiawase bnr 3.PNG


 詳細ページ -Detail-

交通事故
  損害賠償と保障会社
示談交渉と訴訟
  交通事故と司法書士