おかずみ事務所

交通事故と司法書士

book7.gif 交通事故でも、被害が比較的軽い場合、たとえば物損事故や、自転車の事故、傷害事故でも後遺症などがない場合があります。


賠償請求額が140万円以下であることが多いので、この場合は、司法書士が代理人として事件の解決を全て任せて依頼することが可能です。

司法書士は、物損事故の場合や損害賠償額が少額の場合は、弁護士と同等の代理人としての役割を果たすことができます。

裁判が必要となった場合は、司法書士に依頼すれば、わかりづらい手続の仕方や、書類の作成方法などを教えてくれます。

物損事故などを起こし、140万円以内の軽めの損害賠償請求の場合は、ほぼ弁護士と同様の活動が期待できます。

では、どのような場合に司法書士を頼めばいいのでしょうか。

・軽微な交通事故で専門家に依頼したいが、あまり費用をかけられない場合

・これまでなかなか解決できなかった物損事故などを解決したい場合

などです。

司法書士に依頼するメリットは、弁護士と比較すると一般的に報酬が少なくて気軽に相談することができること、それから保険によっては、司法書士費用が一部負担される場合もありますので、費用を削減することも可能だということです。

デメリットとしては、損害賠償請求金額が140万円を超える場合や刑事事件などでは、相手側と交渉することができないなど、業務上の制限があることです。



   otoiawase bnr 3.PNG


 詳細ページ -Detail-

交通事故
  損害賠償と保障会社
示談交渉と訴訟
  交通事故と司法書士