おかずみ事務所

支払能力と状況判断

pen0101.gif  債権回収において相手の支払い能力は見定めておかなくてはなりません。
その点を見ていきましょう。


債権回収において、最も注意しなければいけない点は、相手に支払能力があるか
どうか
を見定めることです。

しかし支払能力があるにも関わらず、支払いをしない場合もあります。


例えば、以下のケースがそれに当たります。

1. 破産手続きなどにより、支払の能力がない

2. 一部の取引先にのみ支払を行なっている

3. 今は難しい状況だが、将来的には支払うことができる

4. そもそもサービスに不満があり、払う気がない


そこで考えなければいけないことは、どのような手段をとるかです。
取るべき手段を間違えることで、回収できるものも回収できなくなってしまいます。

手段はこちらでご紹介していますので、ご覧ください。

もし、自分で債権回収が難しいとお考えの方は、私たちにご相談ください。


   otoiawase bnr 3.PNG


 詳細ページ -Detail-

債権回収
  時効に関して
支払能力と状況判断
   
     
     

アクセスマップ

syosekisyoukai 1.PNG
いちばんやさしい
株式会社の議事録作成全集
 giziroku 1.jpg