おかずみ事務所

高齢者虐待

pen0101.gif  近年、高齢者の虐待について問題になるケースが多く見られます。


日本では急速な高齢世帯の独居・核家族化が目立つ形で見受けられます。

これと並行しめざましい女性の社会進出は、高齢者が高齢者を介護せざるを得ない老々介護現象を増加させ、家族員の減少が家庭内介護力を著しく低下させています。

これに、価値観のギャップが家庭での「高齢者いじめ=虐待」につながっているという声が叫ばれています。

こうした高齢者虐待に対して、地域包括センターや警察連携の専門家チームにより対応しております。


地域包括センターについて

地域包括支援センターとは、平成18年4月1日から介護保険法の改正に伴い創設された機関です。

地域住民の心身の健康維持や生活の安定、保健・福祉・医療の向上、財産管理、虐待防止など様々な課題に対して、第3者としての立場から、課題解決に向けた取り組みを実施いたします。


地域包括センター設置の背景とは

今後、高齢化が進むにつれ、介護保険給付費はますます膨れ上がっていくことが予想されます。

高齢者社会が進む中での経済活動の衰えを防ぐためには、「要支援」「要介護1」など、比較的元気なお年寄りの自立生活を維持・向上させなくてはなりません。

そのための事業が「新予防給付事業」です。介護の介護の専門家だけではなく、社会的支援・医療支援の専門家による組織が新たに必要となりました。



   otoiawase bnr 3.PNG


 詳細ページ -Detail-

成年後見
  財産管理契約
高齢者虐待
  高齢者と悪徳商法
     
     

アクセスマップ

syosekisyoukai 1.PNG
いちばんやさしい
株式会社の議事録作成全集
 giziroku 1.jpg